読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロと空

人生山あり谷あり。人生「こんなはずじゃ・・・。」ともがきつつ空を仰ぎ思いを巡らすそんな日々の記録。

ゴールライン

ある目的地に始めて行くため、地図を見つつあっちやこっち迷いながら道を進む。私の場合方向音痴なので、いつも旦那の後にくっついて行く。そして、横から「ねえ?まだかな?」を連発。

f:id:wtangel:20160203203227j:plain

やっとついた目的地。

さて、帰り道。いつも思うのが行きより帰りの方が時間が短く感じる。これは、一度来た道で、目安が解っているから安心感から生まれる気持ちなのであろう。

最近、中々ゴールが見えない仕事の案件が1つ目処がついた。
仕事でも、ゴールが見えてくると気持ちが凄く楽になることがある。

何においても道しるべやゴールがあると後どのくらい行えばいいか解るので、人は安心する。

一方で、全く先が見えないトンネルの中の様な状態が続く時もある。でも、そんな時必ず終着点があることを信じて進んでいくと少し気持ちが楽になるのかもしれない。ゴールが見えない不安は計りしれないかもしれないが、終わりのない旅は無いし、時間が解決してくれることもある。

たまには、のんびり構えて進んでいくのも悪くない。今度、旦那と歩く時は「そのうち着くかな」ぐらいの気持ちでついていこう。