読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロと空

人生山あり谷あり。人生「こんなはずじゃ・・・。」ともがきつつ空を仰ぎ思いを巡らすそんな日々の記録。

手術の決意!

こんにちは♪あちこちでちらほら桜が咲いているようですね♪こちらは冷たい雨です♪近所の公園の桜の木を見に行ってみましたが、まだ蕾でした。

さて、今日は手術を決断した時の話。
先生から手術の話をされ考えておいてと言われたものの…一応!?医療関係者なもので、又、病棟勤務をしていた時に、手術患者さんを担当させて頂くこともあり、大体の手術の流れは想像が出来ました。
一番最初に言われた時は、気管挿管尿道留置カテーテルのことが頭に浮かんできましたが、その後、色々考えれば考える程、あんなこともされるこんなこともされると、考えてしまい受けたくない気持ちが強くなるばかりでした。
そんな中で肩の状態は、1日おき位の頻度で肩がずれてしまうので不自由きまわりない状態でした。

f:id:wtangel:20170326155355j:plain

肩が直ぐにずれてしまうため、自分自身でもなるべく動かさないように無意識に行動するようになり、肩の動かせる範囲が狭くなってきました。そうなると、日常生活でも被り物の服が着にくかったり
、左肩を下にして寝れなかったり、顔が洗いづらかったり、シャンプーしづらかったり色々大変なことが出てきました。
リハビリしても中々肩の安定感も出ず、肩のサポーターを装着しても直ぐにずれてしまい、このままずっとこの生活が続くのか、と考えた時、「ちゃんと治したほうがいい。」と思ったのと同時に、「ものは試しだ。今まで患者さんに説明や実施してきたものを自分で体験してみよう。」と思ったのです。

その後、先生に手術を受けたいことを伝えると、どうやら人気の先生らしく手術日が二ヶ月先に決まりました。

さて、この先はまた次回お話ししますね♪