読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロと空

人生山あり谷あり。人生「こんなはずじゃ・・・。」ともがきつつ空を仰ぎ思いを巡らすそんな日々の記録。

再び…脱臼!!

さて、人生2度目の脱臼は残暑が残る去年の秋口、雨の日でした。地面が濡れていてスッテンコロリ。

派手に転びました…。下り坂だったため転んだ時の速度は加速。しりもちをつきつつやはり、利き手の左腕が自然に出てしまったのです…。その瞬間、ガキッという鈍い音と激しい痛み、たぶん!?その後、後ろに倒れ込みました。


f:id:wtangel:20170322214315j:plain


こんな流暢に書いていますがほんの2~3秒程のことでした。とりあえず、病院に連れていって貰いレントゲンで確認…嫌な予感は的中。又、肩を脱臼してしまったのです。
前回の脱臼よりも、痛みは酷く骨折しているのではないかと思う程。しかも、直ぐには元の位置に戻らず、医師に入れてもらいました。
2回目の脱臼ということで、がっちり固定せず三角巾で固定して様子をみることに。しかし、余りにも痛みが酷いため、肩関節専門の先生に診てもらうと、「うーん、2回目だと完治させるためには手術がいいんだけどね。とりあえず痛みがある間は固定して少しづつ動かしていいから。」と言われ様子をみることになりました。
一週間くらいすれば痛みも引くかなと思っていましたが、中々痛みは引かず、又前回の脱臼時に無かった「肩がカタカタ言う」感じがありくしゃみなどをすると直ぐに肩がずれてしまう様になってしまったのです。
あまりにも肩が不安定なので、再度先生に診て貰いその事を伝えると「やはり手術かな。どうしますか?」と聞かれました。一応、医療関係者なので、手術と言われた時から全身麻酔でやるのだろうとの予想はしていました。そうなると…あの処置とあの処置を必ずされる…(  ̄▽ ̄)。そう考えると、手術を受けることを即答出来ませんでした。

少し、うーん、と考えていると先生が「まぁ、とりあえずリハビリして様子みて、今度の診察までに考えておいて。」と言われリハビリを行うことになったのです。
さて、私が手術を躊躇することになったあの処置とは何か、又、次回ご紹介しますね♪